施設紹介

小牧岩倉衛生組合の施設について

小牧岩倉地域におけるごみ処理の流れ

小牧岩倉衛生組合では、小牧市及び岩倉市で発生した一般廃棄物のうち燃やすごみ、粗大ごみ、破砕ごみ、埋立ごみの4種類のごみの処理を行っています。なお、資源ごみについては、各市において中間処理もしくは直接資源化を行っています。

燃やすごみ、破砕ごみ及び粗大ごみは、小牧岩倉エコルセンター(環境センター)で処理を行っています。燃やすごみは、「ごみ溶融施設」により溶融処理し、破砕ごみ及び粗大ごみは「ごみ破砕施設」により破砕・選別を行い鉄類等の資源物を回収しリサイクルしています。埋立ごみは、環境センター処分場で埋立処分しています。

小牧岩倉地域のごみ処理の流れ

施設概要

小牧岩倉エコルセンター

小牧エコルセンター

稼動開始  平成27年4月
敷地面積  35,473.90㎡
施設種類 ごみ溶融施設
 処理能力:98.5t/d×2基
 処理方式:シャフト炉式ガス化溶融炉
ごみ破砕施設
 処理能力:27t/5h×1基
 処理方式:破砕選別方式
ストックヤード
余熱利用 発電(4,270kW)
小牧市第1老人福祉センター及び小牧市温水プールに熱源供給

環境センター処分場

環境センター処分場

埋立開始  平成10年4月
敷地面積 総面積 184,158.09㎡
埋立地  24,500.00㎡
埋立容量 埋立容量  293,900㎥
実埋立容量 267,700㎥
埋立方法 サンドイッチ工法
埋立構造 準好気性
埋立型式 管理型
処理施設 浸出水処理設備
 処理水量:100㎥/d

ごみ処理の状況

事業概要

令和4年度事業概要(令和3年度実績)

令和3年度事業概要(令和2年度実績)

一般廃棄物処理施設の維持管理の状況

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第9条の3第6項に基づく一般廃棄物処理施設の維持管理状況等については次のとおりです。

令和4年度施設維持管理記録 

令和3年度施設維持管理記録 

令和2年度施設維持管理記録

令和元年(平成31年)度施設維持管理記録

平成30年度施設維持管理記録

管理委員会

小牧岩倉衛生組合では、小牧岩倉衛生組合環境センターの環境保全に関する条例及び小牧岩倉衛生組合環境センター処分場の環境保全に関する条例の規定に基づき管理委員会を設置し、施設の操業に伴う公害の防止に関する重要な事項について審議しています。管理委員会での審議状況についてはこちら(管理委員会)をご覧ください。